中古車を購入する方法は中古車専門店で購入する方法、ディーラー系中古車販売店で購入する方法、通販で購入する方法などいくつかあります。それぞれによい点、悪い点がありますが、今回はディーラー系中古車で買う時について考えてみましょう。

ディーラー系中古車で買ってしまうと損になる車として高年式車があります。新車登録から2年以内の車は一般店に対してかなり割高に設定されており、保証に関してもメーカー保証が付いているので一般店で購入した車でもディーラーで保証修理が受けられため、買うと損をしてしまうでしょう。
また低年式車もディーラー系中古車では買ってはいけない車になります。新車登録から7年以上が経過した車両はいくら認定中古車とは言えど経年変化から起こる故障は予測ができません。さらに保証期間も一般的に普通の認定中古車に比べると短いため、わざわざ高いお金を出してディーラー系のお店で購入する意味がありません。

もしもディーラー系中古車を購入するのであればメーカー保証の切れた3~6年程度の中古車がよいかもしれません。

またたくさんの種類の中から気に入る中古車を見つけたいのであれば、通販での中古車販売もおすすめです。自分の気に入る車を購入するのが一番納得のいく買い方と言えるでしょう。通販で購入する場合は手軽に購入できるという点がかなりのメリットになるでしょう。高い買い物になりますので価格や保証内容などを比較して購入したいですね。